2007年7月号  災い転じて福となす! / 榊原幹夫

 「こんなにすごい風景を、オレ一人で見ていいのか!」
 カナダのバンクーバーから走り始めていたオレは、メット越しの風景を見ながら、大きな声で叫びたいほどの衝動にかられた! いつかは行きたいとは思っていたが、自分自身が本当にバイクで海外を走っているとは信じられなかった。バイク乗りなら誰もが夢見るが、実際に行ける人は少ない海外ツーリング! お金がない、時間がない、バイクが故障したらとか様々なマイナス面を考えてしまうが、少しでも行く気があるなら自分でいろいろ努力したほうがいい。ぜひ、みんなにも行って欲しいね!

 1998年11月から2000年2月にかけて、南北アメリカをジュベル200で走った。本当に全てのシーンが今でもよみがえってくるし、みんなにそれらを見せてあげたいと思うほどだ! 特に南米は全てがよかった! 多くの友達もできたし。一番好きな町はボリビアのUyuniかな!

 しかしいいことばかりではなく、やっぱりピンチの時もあった! 一番怖かったのは、パナマのカーニバルで4人組の強盗に襲われたことだ。最終日だからと夜の2時まで楽しみ、ほろ酔い気分で無防備だったことが原因だ。しかし、高級コンパクトカメラと時計が盗られただけですんだのは幸いだった。カメラは一眼レフともうひとつコンパクト・カメラがあったので、その後も写真はばっちり撮れた。

 一番Specialなとこは、ライダーは普通いかない、エクアドルのガラパゴス諸島に行ったことかな! 7泊8日のツアーで1000ドルは、日本にいる時なら安い。でも南米の中でもエクアドルは、宿も飯も1ドルくらいの格安な国だったのでかなり悩んだ。でも行ってよかった! イグアナ、ゾウガメや様々な鳥類など、ここにしかいない多くの珍しい貴重な動物に会えて! 当時エクアドルは政情が不安定で、貨幣価値が暴落して銀行が閉鎖したり、暴動で道路が封鎖されたりしていたが、ガラパゴスは別世界だった。
 キトで申請しておいた、パナマで遭った盗難の旅行保険の受け取りができ、保険金がこのツアー代金とほぼ同額だったので、金銭的にも助かった! カメラは失ったがガラパゴスに行けて本当によかった!

 この旅のひとつの目標は、南米最南端のウシュアイアに行くことだった。先を急いだがオレの出発が遅すぎたこともあり、当地は冬にさしかかろうとしていた。当時ウシュアイアを目指していた他のライダーも、途中であきらめた人が多かった。オレもチリのサンチャゴでウシュアイアに行くか、ルートを変更するかかなり迷った。結局ウシュアイアに向かい、プエルトモンからプエルトナタレスのフェリーを使い、2000kmくらいをカットして、強風にも負けず、 5月19日ついにウシュアイアに到着! 上野さん夫妻にも会え た! しかしシーズンには超満員のここも、オレ一人! ちょっと、さびしい!? でも島のチリ側での凍結などを乗り越え、無事たどり着けてよかった!

 この後にもピンチは待っていた! アルゼンチンはペリートモレノ氷河などのあるパタゴニアはすごくいいけど、ウシュアイアからブエノスアイレスまでの3000kmくらいは、パンパと呼ばれる草原が広がるばかりで景色的にいまいちだった。しかも当時の物価は南米一で、寒いこともあり、本当に早くここを抜け出したかった! 思いっきり飛ばしていたらバイクから異音が発生し、ブエノスの手前500kmでエンジンが止まってしまった! オレはメンテやる気なし。パンク修理、オイル交換さえまともにやらず、南米なら工賃も1ドル程度なので、いつもお店におまかせだった。こんなオレでも世界を走ることができる、ということを証明する隠れテーマ(?)もあったのだが。

 結局親切な人に助けてもらい、バイクをブエノスまでトラックでなんとか送った。部品がブエノスにあると思い探したが見つからず、日本から取り寄せた。そのためお金と時間をかなりロスして、とてもつらかった。でも40日もいたので多くの友達もでき、スペイン語もそれなりに話せるようになり、結果的には本当に楽しい思い出に残る日々になった。そこで知り合ったブラジルの友達が住むポルトアレグレに今年のGWに行き、再会できたのはとてもうれしかった! 今回も本当に大歓迎してもらい本当によかった!

 その後計画ではヨーロッパに飛び、インドまで行く予定だったが、メインイベントのマチュピチュを見たあとは帰国予定を変更して、南米をぐるっと一周した。ミレニアムは最後の秘境と言われている、ベネゼエラ・ギアナ高地のテーブルマウンテンのひとつ、ロライマ山の頂上で迎えることができた。計画を変更したが、トータルではすごく大満足だった! もし次回があるなら、最近流行のロシアルートでアフリカまで行きたいが、さて!?



スペイン語学校で知り合った友達に誘われ、
ガラパゴスへ with ガラパゴスゾウガメ
 

ブエノスでの友達との楽しい日々 
in El Hostal del San Telmo

 

ジュベルを復活させてくれたCristianたちと!
ブエノスも実は去年の8月に行きました!
 

ミレニアム5泊6日のテーブルマウンテン登山へGo! 
to Mt.Roraima
 

最高のAmigo Fernandoと友人たち in Porto Alegre
 
 

↑バックナンバーを読むには、上記の<<をクリックしてください