第6回WTN-Jキャンプレポート(2005年10月22〜23日) 

 他のライダーのグループと場所を分け合いながら、ひとつのたき火を囲む集まりになりました。そのグループを中心に集められた廃材と、ワーツーで用意したタンザニアの木! (日本に輸送するため、現地でバイクを梱包した廃材を参加者が持ってきました)を合わせ盛大に燃やしました。テントが飛ぶ(本当にいくつか飛びました)強風が吹き荒れましたが、たき火で暖をとった人たちも多かったようです。
  
  今回の参加者の中で特筆すべき方がいます。海外ツーリングを終えて韓国から下関に上陸したライダーが、なんと帰宅途中に立ち寄ってくれました! うらんさ〜ん、お帰りなさ〜い。みんな拍手で迎え、うらんさんには旅の経緯を簡単にまとめて報告していただきました。うらんさんこと浦野さんは、世界一周3年3か月の旅の最後にワーツーのキャンプに参加してくれました。当然、パッキングは海外ツーリング仕様のまま。荷物は海外の匂いをパックした生鮮食料品のようでした。バイクについた傷や泥が、旅での格闘を雄弁に物語っていました。パッキングやバイクに施した工夫は、これから旅立つライダーの参考になったと思います。
  
  そのほか、世界一周25万qを走ったホンダワルキューレ(ごつい!)の展示などがあり、参加者の注目を集めていました。いつものように明け方まで談笑していた参加者もいたようです。2日目は秋晴れのよい天気で、みなさんツーリングを楽しみながら帰宅されたことと思います。皆さん、また来年の春にお会いしましょう!

【開催場所】静岡県浜松市春野町『秋葉神社下社前キャンプ場』  
【天候】曇りのち晴れ、夜間少し雨  
【参加者】約40名  
【催し物】  
  ・海外を走ったバイクの展示
   スズキジェベル250(世界一周)、ホンダワルキューレ(世界一周)、
   ヤマハセロー(韓国)など  
  ・写真閲覧 ツバル、韓国など  
  ・民族衣装 モンゴル、イランなど

 <レポート:うひょあらき 写真:うひょあらき>


「うらん」さんと世界一周3年3か月を供にした「スズキジェベル250」
海外ツーリング中(自宅に帰る前)に立ち寄ってくれました!
 
「松尾」さんと世界一周25万qを走った「ホンダワルキューレ」 
(デカイです:1500cc:6気筒だもんね)
他グループとの薪混合焚き火!
タンザニアの香りがしたかどうかは??
参加者のバイク
 
旅のスタイルが色々あるように、バイクの種類もオンロード系レーサーレプリカからアメリカン、スクーター、オフ車まで各種。
以下は懇親親睦中の模様です