第14回 WTN-Jキャンプレポート(2009年11月21〜23日)


2日目昼頃の集合写真

日 時 : 2009年11月21日〜23日
場 所 : 静岡県「秋葉神社下社前キャンプ場」
参加者人数:41人
レポート:古山隆行  写真:竜ちゃん、こぐちょ、古山隆行

 今回のWTN−Jキャンプは初めての試みで3連休での開催でした。初日に、私は明るい時間に到着する予定だったのに、ちょっと寄り道ツーリングをしていたら、すっかり暗くなってしまい、キャンプ場に着いたのは7時頃。でも余裕でいられるのは、「二泊する」から、初日が遅くなってしまっても、「明日があるさ」だ。

  恒例の自己紹介は1泊目、2泊目の2回行いました。今回は名札作成を忘れてしまったので、ここでお互いに名前を憶えてもらおうと考えました。結果は、キャンプの和気あいあいとした雰囲気が答えになったと思ってます。
  2日目の昼間に初めての試みとして海外ツーリング講座を開催しました。
  午前10時から 「日本を訪れた海外ライダーの事情」と題して、クリスさんに話してもらいました。
 クリスさんは、日本を訪れるライダーのサポートを行っていて、彼らの事情にも詳しいうってつけの講師です。日本入国の手続き、ライダーから聞いた感想、彼らの日本についての情報収集、そして皆さんへの「サポート」のお願い等を話してくれました。海外から来日したライダーをWTN−Jキャンプに誘い、来てもらったこともあるので、たまたまその回のキャンプに参加した人には、知っていた人もいたとは思いますが、ここまでまとめて話してもらったことで、より深く多くの人に知ってもらえたと思います。

  続いて午後11時からは「海外ツーリングにおけるバイクのメンテナンスと修理」と題してバシシさんに話してもらいました。
  すべてバシシさんが経験してきた事なので、とっても役に立つ話でした。バシシさんのバイクはかなり使い込んでますが、そこに迫力があったと思います。

  午後4時からは、「海外にバイクを送る」と題して私、古山が話しました。
  チュニジア・リビアツーリングの時に経験したカルネ取得、実際に送ったバイクを使い船便準備について話をしました。サラリーマンにとっては、貴重な経験でしたが、もう一度やれるか質問されたら、次は、送らないで、レンタルにします。が答えかな。  
  海外ツーリング講座は、みなさんにとっても真剣に聞いていもらえて、次回も開催してみたいとスタッフの間で話しました。今回は、講師3人はすべてWTN−Jスタッフでしたが、次回はスタッフ以外に講師を募りたいところです。
  3連休開催ということで、ゆったりとしたキャンプになりました。中日が雨であったからか、ツーリングに出かける人もほとんどいなくて、仲間と過ごす時間を楽しめたと思います。また次回以降も3連休開催をしたいと思っています。みなさんの意見もお聞かせください。

3日目 午前10時頃の集合写真