第19回 WTN-Jキャンプレポート(2012年10月13〜14日)


日 時 : 2012年10月13日〜14日
場 所 : 「蛇石キャンプ場」長野県上伊那郡辰野町
参加者人数 : 約30人  
フォト : 小口、もんがぁ〜さとみ
レポート : もんがぁ〜さとみ

 今回の開催地は、ワッツーでは初めて使用する場所。
 大きい東屋があるので雨でも安心、そして無料かつ予約不要のため気軽に利用でき、脇を渓流が流れて環境もなかなか良いキャンプ場なのだ。
 夜間照明はトイレのみだけど、山奥の無料のキャンプ場なので、それがあるだけでもスバラシイ(と私は思う)。
 ちなみに、トイレットペーパーもふんだんにあった。

 当日は天気もよく、雨の心配はなかったが、夕方からこの時期は、ぐぐっと冷える。
 早めに会場に着いた常連の松尾さんが温度を取って、手の空いた人たちでまきを拾い集めてたき火を作ったのだが、これがとても良かった。
 たき火のそばにみなが集まり、暖まりながら開会式やら食事やら歓談などをした。
 ちょとたき火から離れて空を見上げると、星がものすごくきれいだったよ〜!

 参加者では、海外ツーリングして帰国し、まだ山形のおうちには帰らずそのままワッツーのキャンプに参加した佐藤さんや、4歳の子供を連れて参加してくれた青山家、兵庫から夜になって到着した廣田さんと上田さん(・・・は途中でパンクして、さらに夜遅く到着)などの日本人参加者に混じって、日本をツーリング中の2人の外国人ライダーも来てくれた。
 イギリス人のマットさん(トランザルフ)とフランス人のヤンさん(アフリカツイン。年齢を聞いたら25歳!若い!!)だ。
 2人はそれぞれ単独旅だが、ウランバートルで出会ったとのこと。
 この2人が加わり、日本語はもちろん、英語やフランス語も(一応!?)飛び交い、国際色豊かなミーティングになった。

 翌日は、集合写真の後で解散となったが、山梨の「ほったらかし温泉」や「ビーナスライン」へ向かったり、と、周辺の観光を楽しむライダーもちらほら。
 私は、と言えば、キャンプ当日に思いついた「三級滝へのハイキング」を個人的に実行。
 誰か行かないかと呼びかけたら、ダンナのほかに、小澤さん、そして青山母子とヤンさんが参加してくれた。
 キャンプ場から片道約4キロの林道をおしゃべりしながらゆっくり歩き、往復で2時間以上はかかったけど、渓谷沿いの景色や50m落差のある三段の「三級の滝」を楽しんだ。

 その後、キャンプ場にいたマットさんも加わって、近くの「かやぶきの館」にてお風呂(温泉ではなく、薬草湯)で気持ちよく汗を流し、お昼は小野駅前にあるお食事処で伊那名物で有名は「ローメン」を。
 マットさんもヤンさんも、ローメンをおいしいと言って食べていたよ。


日本をツーリング中に立ち寄ってくれた、
ヤンさん(フランスから) マッドさん(イングランドから)


ヤンさんのバイク


マッドさんのバイク


海外ツーリング途中の立ち寄ってくれました。
日本入国後まだ自宅に帰ってない。


ロシアを4年連続・4回で走った渡辺さん


森の囲まれたキャンプサイト


  



頭より高い荷物! (相模のコンさん)
 



パンク等々のため 往路途中で中古タイヤに交換
小さい?!(神戸から参加のチャイさん)


夜のキャンプ場にて
 


三級の滝にて