第21回WTN-Jお話会

『三人子持ちライダーの海外ツーリング・デビュー 』

日時: 2008 年 9月29 日(日)
場所: 田道(でんどう)ふれあい館
話し手: いまさん
報告者:藤原かんいち
 
韓国ツーリング
日程:三泊四日(2008/8/9〜12)
ツーリング期間は二日間
走行距離:約440km
総費用:約10万円

  今回の話し手は東京都在住のいまさん 。今年8月に仲間3人と訪れた韓国ツーリングのお話でした。WTN-Jは長くお話会を続けていますが、意外にもすぐお隣の国である「韓国」を訪ねた日本人のツーリングの話は今回がはじめて(多分…)。実は日本で登録したバイクで韓国を自由に走り回れるようになったのも、ここ数年前のことなのです。

 ある意味、ライダーにとっては近くて遠い存在だった韓国ツーリング。今回は、お話会18回にお話し手としてご登場いただいた吉岡さんのご協力、韓国のバイククラブやバイクショップ等とインターネットなどを使った交渉の末、レンタルバイクというカタチで実現しました。お話はスライド写真を交え、前半「日本編」後半「韓国編」の2部構成の内容となった。

-----------------------------------------------

 前半はいまさんが日本各地をツーリングしていた20代のエピソードが中心。いまさんはR40、同年代の聞き手が多かったこともあり、懐かしい車両が画面に映し出される度に見ている聞き手の表情が綻びました。またツーリング先で出会った女の子と並んだ記念写真が次々に登場する度に…客席から冷やかしと突っ込みが飛び交った。今回は日本の話題というのが逆にとても新鮮でした。また15〜20年近く前のツーリング写真も、その時代背景を知っているだけに、私自身も当時のことも懐かしく思い出し、楽しむことができました。

-----------------------------------------------

 後半はいよいよ本題の韓国ツーリング。独身で休暇中ならばふらっと気楽に出かけられる海外ツーリングだが、いまさんは家族持ちなのでそう簡単にはいかなかった。出発にこぎ着けるまで、難関の連続だった。そのお話ぶりから家族を説得することがどれほど大変なことか! その苦労ぶりがヒシヒシと伝わって来ました。それでも最後は快く送り出してくれたご家族には感謝ですね。

 現地では、まずお世話してくれた韓国のバイククラブの方々の熱烈歓迎ぶりに驚きました。韓国人は親切&熱いですね! いまさんは走ったルートや時間を詳細に記録、地図を使ってわかりやすく説明してくれました。海外だけに予定通りに進まないことも多々あったそうですが(笑)、それも旅ということでエンジョイ。いまさんにとって待望だった「海外ツーリング」この貴重な時間を思い切り楽しもう!といういまさんの前向きな姿勢がとても印象的でした。長く、遠くへ行くだけが旅じゃない、目の前のことを積極的に楽しむ気持ちが大切だと言うことを感じたお話会でした。
いまさん貴重なお話を本当にありがとうございました。