旅の空から

2006年5月着 古山夫妻の旅の空から

(06年5月7日台北から)

どこかでレンタルバイクに乗ろうと思っていましたが、バイクで走って旅するのにピッタリの場所を見つけました。
そこは台湾本島ではなく、大陸の目の前にある金門島です。

島の岬に行けば、大陸が見えるくらいの近さで、中国との内戦時の戦跡もたくさんありますが、なにより、家が中国風といった感じで、車も少なくて、とってものどか、毎日気温が30℃くらいあってムシ暑くても、バイクに乗って風を切って走っていると、気持ちいい。

やっぱりバイクに乗ってツーリングするのが一番!

古山隆行


台湾は国際免許が通用しないので、レンタルバイクはあっても、運転はどうしようかと思ってました。でも、まあ、島ならまーいいか・・・と。
金門島には、島独自の守護神である、この絵葉書の「風獅爺」という像が村、地域に建てられてますが、シーサーや石敢當(・・・は見つけられなかったけど)もあって、沖縄のようです。

台湾料理は基本的には辛くなく、私の好みのおいしさです。麺類、ご飯類をよく食べてますが、今朝、台北のホテルでは朝食券が付いてて、隣の羅多倫珈琲でパンとコーヒーでした。この漢字はドトールコーヒーと読みま〜す!

もんがぁ〜さとみ