旅の空から

2004年10月 松尾清晴さんの旅の空から

 

 (事務局 古山より)
 2004年10月、なんと愛車ワルキューレでエベレストBC(ベース・キャンプ)まで行ってしまった松尾さんより写真が届きました。無事に?到達されたのは海外情報掲示板で読んで知っていましたが、届いた封筒を開け、写真を見て「すっスゴイ」と唸ってしまいました。よくこんな道を重いバイクで行きましたね。松尾さんの内に込めたパワーを感じます。

 以下がそれらの写真です。小さな写真をクリックすると、拡大写真がポップアップします。次の写真を見るときは、前のウインドウを閉じてください。

 (上)セルが故障したので押しがけしてエンジンをかけて、けわしい道をオートバイはあえぎながら登りました。ようやくたどり着いたエベレストベースキャンプ5200mです。真っ白のエベレストはきらきら輝いていました。疲れはどこかにいってしまいました。
 三枚目の写真は一緒に走った粥川陽平さん。
 
5000mをこえる峠を五つか六つ越えて走りました。
西チベット、カイラス山。空気が薄いためか寝ていて息苦しかったです。
西チベットから見たヒマラヤ山脈。
チベットで、コケマシタ、ひっくり返りました、10数回ころび突き指し、骨折しました。

チベット、ラサのポタラ宮の威容は山のようでした。 一緒に走ったよーへー君にはお世話になりました。

チベット、国境近いところの石の山道。ここでは現地の人を雇ってようやく登りきることができました。
高地のためガソリンの調整がうまくいかず、最後の峠でとうとうエンスト、ギブアップ、トラックに積み込んでラサまで運びました。
ネパール、カトマンズとチベットの国境。門を過ぎると一気に登りに入ります。結構賑やかな街でした。カトマンズ側から写す。
チベット、ポタラ宮から見たラサ市内。山奥の中にある静かな村をイメージしていたのでこんなに立派な垢抜けしている街に少しがっかりしました。
山を越え峠を越えた、ところどころにある飲食雑貨屋の女性。店の中にはビン入りの飲み物、ビスケット、などが並んでいました。チベットは思った以上に開けていました。ひとびともあかるいなーと感じました。
コブラの踊り??お金を払って写真を撮りました。カトマンズ市内。