旅の空から

2005年8月着 水島治さん、安子さんの旅の空から - ボリビア編

14カ国目のボリビアに入り、 チィチィカカ湖を渡り、世界最高所で、首絞め強盗等の事件が日常茶飯事に起きている首都、ラ・パスへ。

チィチィカカ湖とイリマニ・マウンテン(6.402メートル)を望んで!!

チィチィカカ湖
どこまでも青く、そして冷たい水をたたえへ、日本の富士山よりも高い3、890メートルの高地に広がる神秘的な湖。大きさは琵琶湖の約12倍。
チィチィカカ湖には、紀元前6、000年頃から文化が興り、あのインカ帝国もここから始まったとされている。

チィチィカカ湖を渡し舟で渡りラパスへ

ラパスへの道

土の日干レンガの町エルアルトから望んだラパスの全景


------------------------------------------------------------------

360度見渡す限り真っ白な世界ウユニ塩湖。   驚嘆 感動!!

ボリビアの首都ラパスから4000メートルの大地を、世界で最も高い位置にある鉱山の街ポトシへ549キロ、そしてオートバイトランザルプを乗り合いバスに乗り換え、更にアンデス山中に分け入れること7時間、そしてウユニの町につき、4WDに乗り換え、来ました、世界最大の塩の湖、ウユニ塩湖。

自然のつくりなす、驚異の造形。 チャレンジしてこそ得られた 驚嘆と感動!!

“すばらしかった”

ウユニまでの道

イスラ・デ・ペスカから呆然と塩湖を望む安子


360度見渡す限り真っ白な世界